例えば、寄せては返す波のように日常は繰り返される。
でも昨日と同じ波なんて、本当はない

BEACH WALK

世界初のビーチサンダル、誕生の歴史

1948年、第二次世界大戦後、米政府が日本で産業を振興させていく関係で
イタリア系デザイナーのレイ・パスティン(R Pastene)が日本へ来日しました。
この時、彼は初めて草履と出会い「ゴムゾーリ」のアイデアを思いついたのです。

デザイナー、レイ・パレスティン氏との対談

1951年です。
帰国後も草履のことが忘れられず、3年間アイデアを練り続けビーチサンダルの原案を持って再来日しました。

来日7~8ヵ月後、知人に紹介していただきました。
当時、内外ゴムの生田も「独立気泡ゴムスポンジ」を開発したばかりで、ゴム草履の開発研究を両者で行うことになりました。日本の草履を参考にしながらも、アメリカで販売する為にアメリカ人向けに試行錯誤を行いました。

日本の草履を参考にしながらも、アメリカで販売する為にアメリカ人向けに試行錯誤を行いましたが、ゴムが魚臭く商品化が難しい状態でした。 なので、より良い品質を合言葉にスポンジ品質の向上を重ねました。

世界初のビーチサンダル、誕生の歴史